このコースでは実際の名曲を『弾くこと』のみにフォーカスし、その曲を弾くために必要なノウハウは基礎から応用まで、全て即戦力で活用できるレベルでお伝えしていきます。

いわゆる初心者向けの教則本のように親切丁寧にウクレレの基礎から順を追って解説するものではありません。


そう、基礎はもちろん大切です。しかし、あなたは『基礎』を覚えるためにウクレレに取り組んでいるわけではないですよね?

その『基礎』を使って『好きな曲を弾くため』に練習しているのだと思います。


しかし、残念ながら当初の目的である”曲を弾くための練習”ということを忘れてしまっている人が多いも事実です。

その結果、ウクレレの基礎を解説した教則本を見ても、結局それがいつどこで役立つのかわからない・・・


そして、

→ モチベーションが下がり、飽きてしまう

→ 練習に実が入らず、上達もしない

というように、ワクワクしながら手に入れたはずのウクレレが次第に苦痛となり、挫折してしまう方が大勢いらっしゃいます。


繰り返しますが、もちろん『基礎』は大切です。

ただし、もし基礎的知識を覚えることと同時進行で実際の楽曲が弾けるようになれば目に見えた上達を実感でき、ウクレレがより一層楽しくなるでしょう。


そんな「上達」と「モチベーションの上昇」という2つの効果を実現させたのがこのウクレレ動画レッスンです。


このコースのメリットは以下の通りです。

①低価格でプロの本格的なレッスンが受けられる。

②ウクレレ演奏において必要な最低限のスキルが身につく。

③取り組んだ楽曲の応用性・汎用性がとても高ということ。

④繰り返し何度でも見直すことができる。


そして、ほぼ全てのコンテンツに左右反転映像が収録されており、実際の指遣いなどの視認性がとても高くなっています。


このレッスンを通して「自分でも弾ける!」という喜びを一人でも多くの方に体感して頂きたいのです。一生モノの趣味を手に入れるために、この機会にぜひ自己投資してみませんか?



「夏は来ぬ」について

夏は来ぬ』(なつはきぬ)は、佐佐木信綱作詞、小山作之助作曲の日本の唱歌である。1896年5月、『新編教育唱歌集(第五集)』にて発表。2007年に日本の歌百選に選出されている。

卯の花(ウツギの花)、ホトトギス、五月雨、田植えの早乙女、橘、蛍、楝(おうち)、水鶏(くいな)といった初夏を彩る風物を歌い込んでいる。

「夏は来ぬ」は文語で、「来」(き)はカ行変格活用動詞「来」(く)の連用形、「ぬ」は完了の助動詞「ぬ」の終止形で、全体では「夏が来た」という意味になる。

2015年3月14日に開業した北陸新幹線の上越妙高駅で発車メロディとして使用されている。

・Wikipedia.「夢見る人」 (参照 2020-07-19)

 

あなたのインストラクター